犬の幼稚園は最高
ホーム > 現金化 > クレジットカード現金化を業者に依頼する場合の審査等について

クレジットカード現金化を業者に依頼する場合の審査等について

年収の3分の1を超える借入ができないように定められた総量規制によって、今まで消費者金融等で現金を借りるときに通っていた審査が通らなくなった人も少なくありません。

このような理由からショッピング枠で購入した商品を換金するクレジットカード現金化が、主婦層や消費者金融等からの借入経験のある人から注目されています。

消費者金融等からの借入とは違って厳しい審査は必要ないです。

したがって所得証明書の提出は不要で、在籍確認のために業者から職場に電話がかかってくることもありません。

業者を利用しようとした際に審査が必要だと言って必要以上に個人情報を聞き出そうとする場合は、悪徳業者の可能性が非常に高いです。

そして、個人情報が流出するおそれがあります。

クレジットカード現金化を業者に依頼する場合は本人確認が必要になります。

インターネットによる申し込みが主流なので、申し込みフォームなどに氏名や住所や電話番号といった情報を入力することになります。

そして、運転免許証等の身分証明書の裏表を撮影して、業者に送るという流れになります。

このような作業は申込者とカード名義人が一致しているかどうかの確認や、盗難カードや偽造カードの不正利用の防止が目的です。

ただし、悪徳業者の場合は個人情報を抜き取ろうとするので、クレジットカード番号は教えないように気を付けなければいけません。

必要な手続きをしてショッピング枠で業者の指定する商品を購入すると、現金を得ることができます。

優良な業者を利用すれば、公表されていた通りの還元率のまま即日で現金を得ることができます。

良ければ参考にしてみてくださいね:ビックギフト評判